レリックハンターが遺跡で大冒険

レリックハンターはアメリカ・カナダで放送されたテレビドラマです。ざっくり紹介するとインディ・ジョーンズの女性版で、遺跡などを探検してお宝を探したり、依頼を受けて調査を行うといったストーリーになっています。

インディ・ジョーンズといえば、ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの代表的なアドベンチャー映画です。映画の中では、主人公のインディアナ・ジョーンズが世界を股にかけて冒険をします。

様々な遺跡を冒険する考古学者というアドベンチャー映画の定番は、このインディ・ジョーンズから生まれたと言ってもいいでしょう。

レリックハンターでは、主人公のシドニーが依頼を受けて世界中の秘境や遺跡を巡り、そこに隠された秘密を悪から守ったりするのが主なストーリーです。

女性の冒険家というと、映画だとトゥームレイダーを想像しますが、レリックハンターはインディ・ジョーンズとトゥームレイダーを足して割った感じでしょうか。

アドベンチャー映画や海外ドラマが好みの方で、今からどの映画を見るか迷っているなら、レリックハンターはおすすめです。
現代風のテイストに、世界的にも知られる偉人に関する秘宝を探したりするのでかなり楽しめるはずです。

遺跡発掘の求人に向いている人とは?

遺跡発掘の求人があることをご存知だったでしょうか。今日はそうした求人に向いている人について記したいと思います。
まずどこでそのような求人情報を得ることができるのでしょうか。実は一般的なアルバイト情報にはあまり載っていません。一番確実なのが実際にそこで働いている人からの紹介です。また、そうした遺跡を研究している大学内での求人情報から得ることもできます。基本的にはそこで働く人の多くは学芸員を目指す人です。
さて、どのような人が向いているのでしょうか。まず作業内容は基本現場での仕事になります。つまり外での仕事になります。作業工程によっては一輪車をひたすら押す作業もありますので、ある程度の体力が必要になってきます。
現場の雰囲気はピリピリしているというよりもアットホームな感じです。みんなと楽しく仕事したい人には向いていますが、一人作業をしたいという人には向いていないと言えます。
デメリットの一つとしては長期的に安定して仕事があるかわからないということです。それで、何かしら目標がある人や夢がある人ならいいですが、この仕事で食べて行きたいという人には難しいかもしれません。
このように遺跡発掘の求人はふだんあまり見かけませんが、それだけにちょっと興味を持ってしまう仕事でもあると言えます。